2024.5.13

2024.5.15

#ソリューション

Amazon Payを導入する前に知っておきたい特徴や機能とは?

Amazon Payを導入する前に知っておきたい特徴や機能とは?

Amazon Payは、Amazonのアカウント情報を利用して、他のオンラインストアでも簡単・安全に決済できるサービスです。 導入することで、より多くの顧客に対応でき、コンバージョン率の向上などが期待できるなど、Amazon Payの導入を検討する企業やECサイト事業者様にとって、そのメリットは多岐にわたります。 本記事では、10万サイト以上で導入されているAmazon Payについての基本情報とともに、従来のクレジットカード決済との違いや、導入のメリットなどについて詳しく説明しています。 自社ECの売上を伸ばしたい、新規顧客を獲得したい、などマーケティング面でお悩みをお持ちのEC事業者様はぜひご一読ください。

Amazon Payの特徴

Amazon Payは、お客様がAmazonに登録している支払い情報や配送情報を利用し、Amazon.co.jp以外のECサイトで買い物ができる決済サービスです。 Amazon Payを導入すると、お客様は配送先住所やクレジットカード情報を入力する必要がないため、より早く、より便利で、より安全な決済が可能に。
EC事業者様は、Amazon Payを自社ECサイトに実装することで、Amazon.co.jpと同様の決済手段とメリットをお客様に提供できます。 また、Amazonの不正検知・防止技術により、詐欺行為などのリスクを軽減することも可能です。 導入に際し必要な費用は、決済手数料のみ(お使いのソリューションプロバイダーによっては別途費用がかかる場合があります)。
Amazon Payは、お客様に安心して商品やサービスを購入してもらうための優れた決裁手段であり、ECサイト運営ビジネスにおいて、さまざまな成功をもたらす可能性があるソリューションです。

Amazon Pay導入によるメリット

Amazon Payがもたらす、お客様とECサイト事業者様へのメリットは以下の通りです。

お客様のメリット

お客様のメリット

スピーディーな決済が可能

決裁の際にお客様がお持ちのAmazonアカウントを使用するので、別のログインやパスワードが不要に。 また、Amazonアカウントに登録している住所などの個人情報やクレジットカードの情報をそのまま使えるので、改めてそれらの情報を入力する手間が省け、入力ミスの心配も不要です。

安心してショッピングができる

Amazonは、世界最先端のセキュリティ技術で個人情報を保護しています。 また、クレジットカードの情報は利用店舗に渡らず、Amazonによって管理されるので、個人情報の漏洩などの心配は限りなく軽減されます。 Amazon Payを導入しているECサイトなら、お客様はセキュリティ面や個人情報の扱いに不安を感じることなく安心してショッピングを楽しめるはずです。

Amazonギフトカードなどが利用可能

お客様が自身のAmazonアカウントにAmazonギフトカードを登録しており、残高がある状態であれば、Amazon Payでのお支払いにAmazonギフトカードを利用することが可能。 また「あと払い(ペイディ)」をAmazonアカウントに登録していれば、クレジットカードを持っていなくても「あと払い」が使えるなど、クレジットカード決済以外にも幅広い決済手段を利用できます。

ECサイト事業者様のメリット

ECサイト事業者様のメリット

Amazon利用者を自社のお客様に

経済産業省の調査によると、「過去1年以内に利用している又は利用したことがあるオンラインモール名」(複数選択可)では、消費者の73.9%がAmazoon.co.jpを選択したという調査結果が出ています(『デジタルプラットフォーム利用事業者向けアンケート調査結果』より)。

参照:https://www.meti.go.jp/shingikai/mono_info_service/digital_platform_monitoring/pdf/002_01_00.pdf

このことから、消費者4人のうち約3人がAmazonアカウントを保持、Amazon Payの利用見込みがあるといえます。 Amazon Payを導入すれば、自動的に莫大な数のAmazon利用者を、自社の見込み客にできるわけです。

コンバージョン率の向上

初回購入時に会員登録が必要なECサイトでは、購入者情報・決済情報の入力などで思わぬ時間がかかるときがあります。そのため、登録情報の入力がストレスになったユーザーが離脱、いわゆる「カゴ落ち」状態になり、最悪の場合は別のECサイトに移ってしまう場合も。 しかしAmazon Payを自社のECサイトに導入すれば、お客様は新たにアカウントを作成することなく、Amazonに登録している決済情報をそのまま使用することが可能になります。このため、お客様が初めて利用するECサイトでも購入のハードルが下がり、コンバージョン率の向上が期待できます。

不正の検出および軽減

Amazonは、アカウントやクレジットカードの不正利用を24時間365日監視する不正検知システムを採用するなど、世界水準のセキュリティ環境を保有しています。その環境下で運用される「Amazon Pay」を導入することで、不正注文の軽減も期待できます。 さらに、Amazon Payが決済を行うため、クレジットカード情報の非保持化を実現、カード情報の漏洩リスクが無くなります。

Amazon Payの必要性

決済手段の中で最もメジャーであるクレジットカード決済と、Amazon Payとのもっとも大きな違いは、導入・運営時に必要な費用です。 まず、クレジットカード決済の導入・運営に必要な費用を見てみましょう。

・初期費用:決済サービスを導入する際に必要な費用。導入初月のみの請求となります(無料~数十万円)
・月額費用:決済システムの利用料や運用に関わる毎月の固定費(数千円~数万円)
・決済手数料:決済金額に応じて発生する費用で、決済サービスごとに決済機関(クレジットカード会社や決済代行会社など)へ支払う費用(決済金額の3~10%)
・トランザクション費用:決済代行会社が決済処理を行う際に必要な費用(1回の決済あたり数円~数十円)

クレジットカード決済に対し、Amazon Pay導入・運営に必要な費用は、以下の通り。
・初期費用:無料 ・月額費用:無料 ・決済手数料:3.9%(デジタルコンテツのみ4.5%)
・トランザクション費用:不要 Amazon Pay導入・運営に必要な費用は、決済手数料のみ。初期費用・月額費用・処理費用などは不要で、唯一かかる決済手数料も決して高額ではなく、導入のハードルが低い決済手段と言えるでしょう。

Amazon Payの導入方法

Amazon Payの自社サイトへの組み込み方法は、大きく分けて以下の2通りがあります。
①Amazon Pay対応ソリューションプロバイダーを利用の場合:簡単な設定切り替えなどで導入が可能
②上記①以外のシステム会社または自社開発の場合:システム開発が必要 またAmazonでは、購入者の情報をAmazon以外のサイトへ提供するため、反社会的勢力の利用排除・マネーロンダリングや詐欺の防止等、購入者保護の観点から事前審査を行っています。 Amazon Payの審査から導入までのステップは以下の通り。

①Amazon Payお申し込みページから必要事項を入力して登録する(審査完了まで1週間程度)
②登録完了後、ネットショップ内でAmazon Payのインテグレーション作業を行う
③テストとインテグレーションが完了したら、Amazon Payボタンを反映して注文を受けられる状態にする なお、Amazon Payのお申し込みには、以下が必要になりますので、事前に準備しておきましょう。
・Amazon Pay用のメールアドレス(Amazon出品サービスに登録があるものは使用できません)
・登記簿に記載のある会社情報(法人名、住所、代表者名)
・売上金の入金先銀行口座

【まとめ】Amazon Payを導入する前に知っておきたい特徴や機能とは?

ここでは、Amazon Payの特徴や導入のメリット、導入方法などについて解説してきました。 改めてAmazon Payについてまとめると、以下の通りになります。
・Amazon Payは、Amazonのアカウント情報を利用して、他のオンラインストアでも簡単・安全に決済できるサービス
・お客様は配送先住所やクレジットカード情報を入力する必要がなく、より早く、より便利で、より安全な決済が可能に
・ECサイト事業者様は、「コンバージョン率の向上」「不正取引の検出および軽減」などが期待できる。
・導入・運営に必要な費用は、決済手数料のみ。初期費用・月額費用・処理費用などは不要で、コスト削減効果も見込める

この記事を書いた人

ルビー・グループ コーポレートサイトチーム

各分野の現場で活躍しているプロが集まって結成されたチームです。
開発、マーケティング、ささげ、物流など、ECサイトに関するお役立ち情報を随時更新していきます!