Information

2017.11.28e-Commerce Seminar vol.21

ABOUT US

私たちはブランド様のパートナーとして
e-Commerceの売上向上を目指します

DIGITAL SOLUTIONS FOR
FASHION BRANDS

デジタル(IT)の力でファッションブランドの課題を解決します

私たちはファッションとインターネットの間の架け橋となります

RUBYとは、ジュエリーのルビーであるとともに、インターネットの開発言語でもあります。
私たちは、ファッションとインターネットの融合を推進する企業でありたいと考えました。
なぜならば、その両者の間には、それぞれの企業の文化や考え方に隔たりがあるからです。

OUR STRENGTHS

OUR STRENGTHS私たちの強み

私たちはe-Commerceの構築からマーケティング、撮影、在庫管理、発送業務までサイト運営に
かかる一連の業務をワンストップでサポートします

私たちの強みは、開発・デザイン・マーケティング・撮影など、各分野の経験豊富なメンバーがブランド様の
e-Commerceの構築・運営の一連の業務をワンストップでサポートし、
ブランド様のオフラインでのブランド体験をオンラインでも実現します。

  • TECHNOLOGY
  • PHOTOGRAPHING
  • OPERATION
  • MARKETING
ファッションブランドの自社e-Commerceで売上高向上の数多くの実績

ファッションブランドの自社e-Commerceで
売上高向上の数多くの実績

パートナーとして戦略を提案し
百貨店、銀座/青山の旗艦店を抜いて自社e-Commerceが売上ナンバーワン店になったブランドや売上高前年比30-40%増を記録したブランドなど数多くの実績が私たちにはあります

Eマーケティング、Eコマース、デジタルファッションの経験豊富なメンバー

Eマーケティング、Eコマース、デジタルファッションの
経験豊富なメンバー

e-Commerce・デジタルファッションの経験10年以上の役員やファッション・デジタルの専門知識のある経験豊富なスタッフがファッションブランドの自社e-Commerceの開発、集客、運営、CRMを一括で請負います

外資企業本社を説得できる戦略案の作成

外資企業本社を説得できる戦略案の作成

数多くの外資企業のファッションブランドの自社e-Commerceを構築、運営した実績で外資企業本社を説得できる戦略案を作成します
英語での電話会議への参加、レポート作成、提案書の作成も対応します

ブランド様の世界観をサイトデザインに反映

ブランド様の世界観をサイトデザインに反映

本国サイトを忠実に再現するミラーサイトはもちろん、経験豊富なデザインチームがブランド様の世界観を損なうことなく、日本の市場や商習慣を取り入れたUIデザインを随所にご提案することも可能です

ブランド体験をオンラインでも実現

ブランド体験をオンラインでも実現

私たちは、ブランド様の店舗で行われている、最上級のおもてなしをe-Commerce上で再現したいと考えています。ショッパー・ギフトラッピング・保証書など、オフラインでのブランド体験をオンラインでも実現できる体制が整っています

CLIENTクライアント

RUBY GROUPeがe-Commerceの構築、カスタマイズ、保守運用、マーケティングをお手伝いさせて頂いているブランド様です
e-Commerceの構築から運用までワンストップで請負できることが私たちの強みですが、
運用のみ、マーケティングのみからでも請負っており、それだけでもRUBY GROUPeの価値を感じて頂けると信じています

  • COLE HAAN
  • Folli Follie
  • MaxMara
  • ESTEBAN
  • ecco
  • Ray-Ban
  • GHERARDINI
  • MARC JACOBS
  • LINKS
  • kate spade
  • HELEN KAMINSKI
  • DIESEL
  • MAX&Co
  • Bonpoint
  • JACK SPADE

Company会社概要

社名
ルビー・グループ株式会社
設立
2011年1月12日
取締役
桑野克己、西森雅直、浅野剛史
常勤監査役
酒井壽夫
資本金
174,308,750円(資本準備金 164,308,750円)
所在地
品川区東品川1-2-5
リバーサイド品川港南ビル8F > MAP
TEL
03-6451-4007
FAX
03-6451-4008
Mail
info@rubygroupe.jp
株主
桑野克己、西森雅直、浅野剛史、
株式会社三陽商会
取引銀行
みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行
事業内容
ラグジュアリーブランドのEコマース構築運営、コンサルティング
取得資格
プライバシーマーク(登録番号 第17001663(02)号)
従業員数
62名

Privacy Policy個人情報保護方針

個人情報保護の理念

ルビー・グループ 株式会社(以下、当社)は、ラグジュアリーブランドのE-Commerceコンサルティングを核とした事業活動を行っています。
事業活動を通じてお客様から取得する個人情報及び当社従業者の個人情報(以下、「個人情報」という。)は、当社にとって重要な情報であり、その個人情報を確実に保護することは、当社の重要な社会的責務と認識しております。
したがって、当社は、事業活動を通じて取得する個人情報を、以下の方針に従って取り扱い、個人情報保護に関して、お客様及び当社従業者への「安心」の提供及び社会的責務を果たしていきます。

方針

  1. 個人情報の取得、利用及び提供に関して
    1. 適法、かつ、公正な手段によって個人情報を取得いたします。
    2. 利用目的の達成に必要な範囲内で、個人情報を利用いたします。
    3. 個人情報を第三者に提供する場合には、事前に本人の同意を取ります。
    4. 取得した個人情報の目的外利用はいたしません。また、そのための措置を講じます。
    5. 目的外利用の必要が生じた場合は新たな利用目的の再同意を得た上で利用いたします。
  2. 法令、国が定める指針その他の規範(以下、「法令等」という。)に関して
    1. 個人情報を取り扱う事業に関連する法令等を常に把握することに努め、当社事業に従事する従業者(以下、「従業者」という)に周知し、遵守いたします。
  3. 個人情報の安全管理に関して
    1. 個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、滅失、又はき損などの様々なリスクを防止すべく、個人情報の安全管理のための迅速な是正措置を講じる体制を構築し維持いたします。
    2. 点検を実施し、発見された違反や事故に対して、速やかにこれを是正するとともに、弱点に対する予防処置を実施いたします。
    3. 安全に関する教育を、従業者に徹底いたします。
  4. 苦情・相談に関して
    1. 個人情報の取扱いに関する苦情及び相談については、個人情報問合せ窓口を設け、迅速な対応が可能な体制を構築し、誠意をもって対応いたします。
  5. 継続的改善に関して
    1. 当社の個人情報保護マネジメントシステムは、個人情報保護のため、内部規程遵守状況を監視及び監査し、違反、事件、事故及び弱点の発見に努め、経営者による見直しを実施いたします。これを管理策及び内部規程に反映し、個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善に努めます。
    2. 改善においては、法令等及びJIS Q 15001に準拠いたします。

制定日 2013年4月1日
改定日 2016年6月1日(3版)
ルビー・グループ 株式会社
代表取締役 西森 雅直

個人情報の取扱いについて

当社は、JISQ15001:2006 要求事項 3.4.2.5および3.4.4.3に従い、以下の内容を公表します。

ご本人から直接書面取得以外で取得する場合の利用目的

個人情報の種別 利用目的 開示区分
取引先から委託されたお客様情報
  • ECサイトの開発、運用、保守
  • ECサイトの商品発送
  • ECサイトのキャンペーン実施、賞品発送
  • ECサイトのメールマガジン配信
非開示
人材紹介会社、求人情報サイトから
取得する採用応募者情報
  • 採用検討、連絡
非開示

開示対象個人情報の利用目的

個人情報の種別 利用目的
資料請求やお問い合わせを頂いた方の情報 お問い合わせへの対応
サービスに関するご案内
お客様・お取引先情報 お客様・お取引先との連絡、契約の履行、履行請求等
採用候補者・応募者の方に関する情報 採用選考、連絡
社員情報 人事、総務などの雇用管理

開示等の請求手続き

当社がご本人様又はその代理人様から、当社が保有する開示対象個人情報に関して利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止(以下、“開示等の請求”という。)にご対応させていただく場合の手続きは、下記のとおりです。

  1. 開示等の請求の申出先
    1. 開示等のご請求については、個人情報開示等請求書に必要書類を添付の上、郵送によりお願いいたします。請求書を当社へ郵送する際には、配達記録郵便や簡易書留郵便など、配達の記録が確認できる方法にてお願いいたします。なお、封筒に朱書きで「個人情報請求書在中」とお書き添えいただければ幸いです。
  2. 開示等の請求における提出書面
    1. 開示等のご請求を行う場合は、個人情報開示等請求書に所定の事項を全てご記入の上、ご郵送ください。
  3. ご本人様確認
    1. 当社は開示等請求者のご本人様確認のため、お電話による照合を行います。ただし電話による照合が出来ない場合、運転免許証、住民票、健康保険証等のコピーを提示してもらう場合がございます。
  4. 代理人様による開示等のご請求
    1. 開示等のご請求をすることについて代理人様に委任する場合は、個人情報開示等請求書に加えて、下記の書類をご同封ください。
      1. 代理人様本人であることを確認するための書類(コピー)
        運転免許証、住民票の写し、健康保険証の被保険者証のいずれか1点
        ※コピーは本籍地を塗りつぶしたものをご用意下さい。
      2. 委任状(ご本人様により委任状に捺印し、その印鑑の印鑑登録証明書を添付してください。代理人様が親権者などの法定代理人のときは、委任状に代えて、ご本人様との関係がわかる書類をご提出いただくことも可能です。)
  5. 開示、利用目的の通知のご請求に関する手数料
    1. 個人情報の開示及び利用目的の通知をご請求する場合、1回の請求ごとに、500円(税込)の手数料をいただきます。500円分の郵便定額小為替を提出書類にご同封ください。郵便定額小為替のご購入のための料金及び当社への郵送料はお客様にてご負担ください。なお、手数料が不足していた場合、及び手数料が同封されていなかった場合は、開示、利用目的の通知は致しかねますので、ご注意ください。
  6. 開示等のご請求に対する回答方法
    1. 請求者の請求書記載住所宛に書面によってご回答いたします。
  7. 認定個人情報保護団体の名称及び苦情の解決の申し出先
    1. 般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC) 個人情報保護苦情相談室
      〒106-0032 東京都港区六本木1-9-9 六本木ファーストビル12F   TEL:0120-700-779
      ※上記は当社の商品・サービスに関する問合せ先ではございませんのでご注意ください
      ※当社の個人情報の管理が適切でないと判断した時は、まず当社に苦情を申し立ていただきたいと存じますが、当社の対応が満足できない場合、お客様は上記の「認定個人情報保護団体」へ苦情を申し立てることが出来ます。

ご不明な点および苦情・相談などがございましたら下記窓口までご連絡下さい。

ルビー・グループ 株式会社
個人情報問い合わせ窓口

〒140-0002
東京都品川区東品川1-2-5リバーサイド品川港南ビル8F
TEL:03-6451-4007(平日10:00~17:00)FAX:03-6451-4008(24時間受付)

<個人情報に関する責任者>

個人情報保護管理者 浅野 剛史

Informatione-Commerce Seminar vol.21

2017年8月29日、「第20回ファッションブランドEコマース勉強会」を開催いたしました。
今回も会場の定員数を上回るお申し込みをいただきました。
ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございます。

今回はこれまでアンケートで要望が多かったデジタル広告に特化。
そのフロントランナーであるインテグラル・アド・サイエンス様にご登壇いただき、ブランドイメージを毀損しない広告運用と効果計測についてお話いただきました。
また第二部ではデジタルリマーケティングでのパフォーマンスに定評があるクリテオ様をお招きいたしました。

■第一部:ブランドイメージを毀損しないデジタル広告 運用と評価

『広告効果検証の一歩先へ デジタル広告の適切な評価と計測』

<講師>

  • 山口 武 様 
Integral Ad Science Japan株式会社 アカウント・エグゼクティブ

■第二部:クリテオの最新リターゲティング広告ソリューション

『ファッションe-Commerceの消費者動向から読み解くパーソナライズ広告の活用方法』

<講師>

  • 白川 賢 様 CRITEO株式会社 MidMarketセールス アカウントエクゼクティブマネージャー

終了時にご協力いただきましたアンケートでは沢山のご意見ご要望をいただいており、その情報を元に皆様のオンライン戦略に役立つご勉強会を企画してまいります。

次回は秋頃の開催を予定。ご期待ください!